ほくろ

美しすぎるサラダ

2015/05/06by ほくろ

こんにちは、Zimakuプラスの ほくろ です。

 

うきうきだったゴールデンウィークも最終日ですね。
皆さんはどこかにお出かけされましたか?


私は先日、鎌倉のとあるお店でごはんを食べてきました。
個人的に普段、あまり外食には縁がないのですが・・、

このときばかりはあまりの感動に写真など撮ってしまいました。

これです!

 

これは何でしょう

 

これ、何かわかりますか?

 

綺麗なお花・・と思いきやなんとサラダなんです!

 

もちろん見た目だけではなく、新鮮でなんとも濃ゆい野菜の味、

食べても食べても減らない、ぎっしり詰まったボリュームのあるボウル・・。

なんとこのひと品だけで30品目以上の野菜が使われているというから驚きです。

野菜でお腹も心も健康も満たされる幸せ・・。

また行きたい!と心から思えるお店は久し振りでした。

 

どんどん気温も高くなり、夏に向けてまっしぐらです。

ゴールデンウィークでちょっくらハメをハズしちゃったな、という方も

野菜と水分をしっかり取って、健康にお過ごしくださいね。

 

 

そうそう、ただいまZimakuプラスでは新しいスタッフを募集しています!

ご興味のある方はこちらのページもぜひご覧ください。

 

それではまた、次回。

 

 


 

****舞台字幕のことならZimakuプラスまで****

ページトップへ

She's A Rainbow

2015/02/24by ほくろ

こんにちは、Zimakuプラスの ほくろ です。


最近、TVCMで私の大好きな The Rolling Stones の『She's A Rainbow』が流れていて、
それが聞こえてくる度にそれだけで少し得をした気分になっている、おめでたい私です。
特に季節を歌った曲ではないはずなのですが、
'60年代のレトロなサウンドや華やかなピアノのフレーズがそうさせるのか
私はこの曲を聞くと、なんとなく、春の穏やかで埃っぽい風をイメージしてしまいます。


東京は昨日・今日とずいぶん暖かく、少しずつ春のおとずれを感じるこの頃です。
私もきっと多くの皆様と同じように、これからの時季、
とある飛来物の支配下におかれるのであまり得意な季節ではないのですが、
季節ならではの映画や、音楽や、食べ物や装い・・大切にしたいですね。


皆様の「春といえば」も、ぜひ教えてください。
それでは、また次回。


See the sky in front of you!





****舞台字幕のことならZimakuプラスまで****

ページトップへ

冬のよそおい

2014/11/22by ほくろ

こんにちは、Zimakuプラスの ほくろ です。


月日は百代の過客にしてうんたら・・。

朝方に吐く息はすでにうっすらと白く、季節はすっかり冬になってしまいました。

しかしクリスマスのイルミネーションが飾り出されるタイミングって、

年々早くなっているのではないか・・と毎年同じことを考えている気がします。

 

さて、街ゆく人の装いもすっかり冬らしくなり、私も温かい上着が欲しいなあと思う今日このごろ。

そんなときに、ふと思い出す映画といえば、なんと言っても

アメリカン・ニューシネマの傑作、『さらば冬のかもめ』なんです。

降りしきる雪の中、3人の海兵がアメリカの東海岸を旅しながら、

立場を超えた奇妙な友情が生まれてくる・・そんなお話です。

 

この映画は、旅する3人の映像がとにかく寒そうで寒そうで。

そんな中で立ち寄ったカフェで飲むホット・コーヒーや、バーで飲むお酒。

それを主演のジャック・ニコルソンがなんともウマそうにすすり、酔い、ニヤリとする表情。

たまらなくかっこいいんです。

 

そしてそのジャック・ニコルソンが道中ずっと身につけてポケットに手を入れている

ネイビーのピー・コートが、また渋くてかっこいいんですよね。

ジャック・ニコルソンはハリウッドの中でもかなり背の低い俳優さんで、

お世辞にもスタイルがいいとは言えないと思うのですが、

その佇まいや無二の存在感、憧れてしまいます。あんなおじさんになりたい。

 

 

この冬は極厚のピーコートに決まりでしょうか。

皆さんも厳しい寒さを楽しめるお気に入りの一作や一着、見つけてみてください。

 

それではまた、次回。

 

 

 

 

****舞台字幕のことならZimakuプラスまで****

ページトップへ

夏クサさ

2014/08/08by ほくろ

こんにちは、Zimakuプラスの ほくろ です。
 
月日は百代の過客にしてうんたら・・とはよく言ったもので、
私も、このブログへの初登場からはや1年以上も経ってしまいました。
 
8月の東京・季節はすっかり夏です。
実家の近くではようやくセミが鳴き始めました。
 
少し前までは決して得意な季節ではなかったのですが、
近頃はハッキリ「暑い!」と四季を感じるこの時季も、悪くないなと思うようになりました。
夏らしい服を着て、夏らしい物を食べ、
夏らしい映画を観て、夏らしい音楽を聴き・・楽しく過ごせれば幸せです。
 
 
さて、夏らしい映画といえば、いろいろと思い浮かぶのですが
私がまっさきに思いつくのはリュック・ベッソン監督の『グラン・ブルー』でしょうか。
特に、少年期の主人公たちが海へ潜るモノクロのプロローグが印象的で、
DVDであそこだけ何度も観返した思い出があります。
モノクロなのに、青い海や太陽の日差しがとても鮮烈で、大好きなシーンなんです。
 
ということで、まったく海ではありませんが・・私もモノクロの夏らしい、
もとい夏クサい写真を1枚。
 
 
皆さんも暑さにはお気をつけて、楽しくお過ごしくださいね。 
それでは、また次回。
 
 
 
 
****舞台字幕のことならZimakuプラスまで****
ページトップへ

初めまして

2013/05/28by ほくろ

初めまして、ZImakuプラスの「ほくろ」です。
ブログに登場するのは初めてなので、今日は少し自己紹介をさせていただきます。
 
突然ですが、私はクサいものが好きです。
 
・・・と言ってもヘンタイではなく、
単にいい匂いが好きということでもなく、
私は“嗅覚にうったえてくるもの”が、たまらなく好きなんです。
 
皆さんは、心の底から感動をしたり、悲しんだり、喜んだりしたとき、
鼻のずっと奥の方が、あたたかいような、くすぐったいような、そんな感覚になりませんか?
あるいは、匂いが人間の記憶と密な関係があるとされているように、
干したての布団の匂いや、風に運ばれるキンモクセイの香りにノスタルジーを感じるように、
嗅覚というのは、人間の感性“そのもの”に、一番近い感覚なんだと私は思っているんです。
 
日本人は、そんな感性そのものに近い、“うまく言えない感じ”を、よく匂いに例えてきました。
土臭さ、古臭さ、男臭さ、青臭さ・・・あるいは事件の匂いや、時代の残り香、といった具合に。
 
 
もう一度言いますが、私はクサいものが好きです。
音楽でも映画でも写真でも、インテリアでもファッションでも。
鼻の奥がくすぐられるような、土臭く、青臭く、そんな自分の感性に響くものが好きです。
 
そういうものをお届けできるような仕事をしたいですし、
これからこのブログでも、少しずつお話しできたらと思っていますので、
どうかよろしくお願いします。
 
 
それではまた次回。
 
 
****舞台字幕のことならZimakuプラスまで****
ページトップへ